2006年12月04日

サイレント

061203_0954~03.jpg
サイレントベース!

昨日の合奏で、初めて見ました。サイレントなコントラバス。
サイレントバイオリンは知ってるし、見ることもあるけど、コントラバスってなかなか見ることはできないですよ。

簡単に言えば、普通の楽器と違ってエレキで、楽器にヘッドホンをつけて部屋で練習できたり、逆にスピーカーをつけて大きい音を出したりできるものなのです。
普通のピアノと電子ピアノの違い、みたいなかんじかな。
弾くのは普通の弓。

061203_0955~01.jpg

木の部分がないからアコースティックより軽いのかと演奏していた女性に聞いてみたら、機械の部分があるから実は意外と重いんだそうです。

サイレントチェロとかをレンタルして、チェロ習うのもいいかもしれないなあと思ったのでした。

今日はETの日なんだって。
昨日おとといと、ETも演奏したよ。タイムリー。

banner_01.gif←なにかお稽古したいと思ってます。
ポチお願いします!
ニックネーム かおり at 09:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 音楽関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだこりゃ!
すごいねー、最近の楽器はハイテクなのねー。
Posted by yu-ka at 2006年12月04日 22:58
すごい!
チェロ奏者の友達は、どこにいくのもあのでかいチェロのケースを大事大事に持ってあるいてるよ。
ニューヨークにも持ってきたよ
小柄なのに、腕力の持ち主です
Posted by ふみさん at 2006年12月05日 06:58
>yu-kaさん
ハイテクだよねー
家で練習できるし、ヘッドホンで近所迷惑にならないから日本の住宅事情にはぴったり。
大人が趣味で始めてみようっていうのにはすごくいい気がする。
ただ将来有望な子供がやりたいといったらやっぱり木のほうを与えるべき?

>ふみさん
チェロ、かっこいいなろよね〜
チェロの音って人間が話す音域と同じ音域だから、自然に聞く人の耳に入ってきて話しかけられているような感じがするんだって。
私もチェロの音、好き〜〜。
でもきっと重いよね。本体もさることながら、たぶん、ケースのほうがまた重いと思う。
私もかなり小柄。私がしょったらチェロが歩いてるっていわれそう。
Posted by かおり at 2006年12月05日 08:58
へぇ そうなんだ
心地よい音だもんね
その人中東のピアノのピアノの原形といわれる楽器も弾くのよ
この音もいいのよ〜
Posted by ふみさん at 2006年12月06日 11:33
>ふみさん
へえ〜なんていうピアノなんだろ、でもステキですね〜。
私は高校生までピアノ習ってたけど、もうすっかり弾けなくなってる。
続けていくことって、なにより大変なのねぇ。
Posted by かおり at 2006年12月07日 17:45
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/604378
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック